山中コンサルティングオフィス

MD Watching

  • グローバルスタンダードと中華スタンダード
    先日、中国に講演をして参りました。中国に行くのはなんと7年ぶり。そして講演の地、広州は9年ぶり。日本でも10年ひと昔といいますが、中国のスピードを鑑みるとふた昔ぐらいぶりという感覚でしょうか。以前は毎月のように行っていた中国。どのように変わったか興味津々でした。デジタルやグローバル化がさぞや進んでいるのだろうと。 確かにデジタルは進んでいます。デジタルサイネージはあちらこちらで見られます。(自分でお金を払う機会がなかったのですが)決済もアプリやQR決済も進んでいるようです。そして、都市部の人々は多くの買い物をECで済ますとのこと。年配のビジネスマンもそのように語っていました。 私がびっくりしたのは空港。トイレの「滑ります注意」の文字は、プロジェクターで照射。イミグレで日本語のパスポートを出すと、「日本語」のアナウンスが流れたり(多分AIによる多言語対応)…。まさに映画で見た世界です。 この辺りは次に行った時にもう少し掘り下げます。   そして、グローバル化については、進んでいるのかそれとも進んでいないか判断つきませんでした。グローバルではスタンダードになっているもので定着しているものとないものがあるように思います。 例えばショッピングバッグの紙袋切り替えは進行中ながら、使い捨てのプラスティックへの意識はまだまだ。「エシカルファッション」など時期尚早と言っていました。ショップの英語表示が増えたように思いますが、英語を話す人はまだまだ少ない(というより前より減っているような)。スマホの翻訳アプリで会話をすることが多かったように思います。 このことを帰りの飛行機で考えたのですが、中国は独自のスタンダードをつくりあげようとしているのではないかと。思えば、googleもtwitterもInstagramもFacebookもLineも使えなかったり、日本や韓国とは違い外来語も少ない中国ですから独自のスタンダードをつくりやすいのでしょう。そしてそれを中国国内だけでなく、アジア全体に広げていこうとしているのかもしれません。 そうすると日本や欧米では当たり前のことが中国では当たり前でないことが、増えていくように思います。香港のデモについての感想も、日本のマジョリティの感想と真逆なものでした。 グローバルスタンダードと中華スタンダード。10年前はグローバルスタンダードへ近づいていたように感じていましたが、今はその逆のようにも感じます。アジアでビジネスをしていく上ではその両方を知ることが大事だと再認識しました。… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-08-31
  • 「京都ならでは」、「京都だからこそ」…
    先日、久しぶりに京都の街をまわりました。しっかり見て回ったのは3年ぶりです。その間に京都も変わりました。インバウンドが爆発的に伸び、対応するホテルや観光商業ができており、商業の見どころも増えています。 以前の京都の商業は老舗や名店そして世界や東京のブランド進出が話題となっていました。しかし、その様相が変わっています。「京都ならでは」、「京都だからこそ」の店が生まれています。 「京都ならでは」の例をあげるとすると、京都の町並みに溶け合うような店舗デザインの店でしょう。以前から京都では景観に配慮した外観の店を出すチェーン店や京都のヘリテージに敬意を払って店をつくるデザイナーたちがいました。ただ、それらの店はどちらかというと河原町四条や烏丸あたりの繁華街に店を構える例が多く、個店での取り組みでした。 しかし、ここ数年増えているのが祇園地区。特に花見小路周辺に店を出しているようです。大丸の店外物件としてオープンした「大丸京都店祇園町家」は「エルメス」の出店で話題を呼びました。そして、「フランフラン」も新業態「マスターレシピ」を花見小路からちょっと入ったところにオープンしました。1990年代以降OL向けの軽家具で人気を博した「フランフラン」ですが、こちらの店は匠の技とデザインが光る伝統工芸品を集めた店。お茶屋のような外観、森田恭通氏が手がける内装共に「京都だからこそ」の大人な買い物体験を味わえる店です。   写真:今はウブロが出店「大丸京都店祇園町家」 写真:フランフランの新業態「マスターレシピ」  … ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-08-31
  • ロンドン五輪後にオープンした都心商業2選
     今回は五輪後開発の事例として2つの都心商業事例をお伝えしたいと思います。2017年に生まれ変わった「オールド スピタルフィールズマーケット」、2018年オープンの「コールズドロップヤード」です。   ■「オールド スピタルフィールズマーケット」  前回の記事でお伝えした通り、ロンドン都市部では今も開発が行われています。五輪のヘリテージの一つとしてあげられるイーストエリアの開発。それは現在も進行中です。あちらこちらで工事中、そしてどんどんピカピカなビルが建っていく様はエネルギッシュです。その一方かつてのダウンタウンの風情がなくなっていくことに寂しさも感じます。  そのようなイーストの開発では、往時の面影を残しつつアップスケールしてリニューアルした商業施設もあります。それが、「オールド スピタルフィールズマーケット」です。ここは、300年の歴史を誇るマーケットです。掘り出しものが見つかるマーケットしてして君臨していましたが、その後観光客が押し寄せ、目利きの地元客からすると「質が落ちた」とも言われていました。  そのマーケットをリニューアル。オープンとエンクローズドのハイブリット型SCとなっています。マーケットは、ファッションやファッショングッズ、中古レコード、フードなどの屋台が集積。インディーズデザイナーの屋台なども出店しており、宝探しのような買い物を楽しめます。そのマーケットを囲むような形式で、「シャネル」や「ラグ&ボーン」、「ユニクロ」、「ルルレモン」などの人気ブランドのショップが出店しています。ビッグネームとインディーズのハイブリットとも言えるテナント構成も参考になります。 … ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-08-30
  • 五輪が招く都心商業開発とその後
    6月から8月は、欧米、中国、関西と出張が多く、各都市のマーケット情報をアップデートできました。そこで、各地で感じたことを4回に分けてお伝えしてきます。まずは、五輪と都心商業開発の関連性についてです。 東京2020に向けて都心商業の開発が進ますが、それは五輪が決まったNY、パリも一緒です。前回はお伝えしたNYのハドソンヤーズなどは象徴的な開発です。どの街も混乱とともに活気があり、今日より明日、明日よりその先がもっと良い未来になるようなムードに漂っています。 ただ、その後はどうなるのでしょうか?様々な新興国の五輪後不況が報じられ、五輪後への不安も広がります。五輪前には投資が集まり、五輪が終わった途端投資が打ち切られ、そしてインバウンドが落ち込み不況が起きるというのがその不安の素ではないでしょうか。 そこで、解決のヒントとなるのが2012年に五輪が開催されたロンドンでしょう。元々、NYと世界一の座を争うロンドンですが、五輪後も開発が進んでいます。五輪によって様変わりしたのがロンドンのイーストエリア。貧しく治安が悪かったエリアが、トレンド最先端の街になったことはもはや有名ですね。このエリアの開発は現在も進んでおり、今も投資が集まっている様子が見てとれます。 なぜロンドンは今も投資が集まっているのか。元々の都市パワーもあると思いますが、それまでの開催地での失敗事例を踏まえて、五輪をゴールとせず五輪後の開発計画をしっかりと立てて展開していったからでしょう。 その後も外国人観光客は増加。むしろ、混雑や滞在費の高騰を避けて五輪開催時が落ち込んだという驚きの事実も。五輪を挟んだ観光施策が実を結んだのでしょう。 東京2020もその後の大阪万博につなぐため、国全体としての施策がどのように展開していくか気になるところです。 今も開発進むイースト地区 ★SNSでも情報を発信しています… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-08-28
  • 2019NYレポート4 ハドソンヤーズ「ショ…
     今回の視察目的の一つが「ハドソーンヤーズ」。「ハドソーンヤーズ」は、ミッドタウンの西側にある大開発エリア。まだ第一期オープンですが、商業施設「ザ ショップス アンド レストラン アット ハドソンヤーズ(以下ショップス)」がオープンしましたので、チェックしてみました。  「ハドソーンヤーズ」と言えば、ヴェッセル。「ショップス」は、NYの新たなランドマークとして人が集うこの施設を見下ろすように立っています。この「ショップス」の見どころは、これまで商業施設にテナントして入ることがなかったような業態があることです。  その代表が、「3DEN(エーデン)」。課金式のラウンジです。日本では、ラウンジというと様々なものを指しますが、ここにあるのは空港の航空会社ラウンジのようなもの。アプリをダウンロードし決済機能を設定したら、30分6ドルで理由できます。アプリのバーコードを読み取って中に入り、仕事をするもよし、食事をするもよし、横になることも、シャワーを浴びることもできます。また、大きな窓からは「ヴェッセル」を見上げることができ、観光気分も満喫できます。日本では、コワーキングスペースやネットカフェの派生系で類似のものがありますが、ここまでリラックスできて豊かな気持ちになれるところはまだないと思います。 ■エーデン… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-07-31
  • 2019NYレポート3 百貨店も変わる
     アマゾンが様々な挑戦をしている間、百貨店を始めとする伝統的小売業もデジタルやデータ軸で様々なトライをしています。中でも特筆するのは、ノードストロームでしょう。  日本の流通業界では、かつて「サービスが伝説になる時」という本で知られる高級百貨店「ノードストローム」。現場への権限移譲による完全個別対応は、様々な企業のお手本となり、私も視察によく行ったものです。それから約20年、顧客のほとんどがシニアとなった今「ノードストローム」を支えているのは、オフプライス事業とデジタル事業です。マンハッタンにはそのオフプライス業態「ノードストローム ラック」で進出。2017年にヘラルドスクエアにもオープンし、若い層からも支持されています。    そして、コロンバスサークル近くには「ノードストローム メンズ」を2018年4月にオープン。こちらは百貨店というより専門店です。取り扱いブランドは、ヨーロッパデザイナーやコンテポラリー&カジュアルブランドで、百貨店の強みを活かしています。そして、こちらの店で注目は返品ボックスです。オンラインを強化している自社らしく、デジタル処理をして店頭のボックスに返品すればOKというシステム。なんのためにやっているかというと、店頭に少しのお客様に来店してもらうため。もちろん、顧客への利便性提供もありますが、入店客がどんどん減っている百貨店としては、返品さえも顧客のエンゲージメントにつながるような工夫とも言えそうです。  今秋にはウィメンズストアをオープン。そして、在庫を持たないカフェ併設のピックアップストア&サービスステーション「ノードストローム ローカル」のNYに2店オープンします。オールドスタイルと言われる百貨店の新たなロールモデルと言える「ノードストローム」にますます注目です。 … ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-07-31
  • 2019NYレポート2 アマゾンが変えたリア…
     NYの小売がこの3年でガラッと変わったのは、アマゾンの影響だと思います。ご存知GAFAの中で、小売と直に競合するのがアマゾン。そのアマゾンが、オンラインだけでなくリアル店舗にも進出し、小売のあり方を変えました。  特にホールフーズマーケットを傘下に入れたことは、市場と業界に大きなインパクトを与えています。それが、2017年8月28日でした。そして今、アマゾンは全米ランキング3位の巨大小売企業。アマゾンが行うことは全小売業に影響を与えるのは当たり前でしょう。  最初はアマゾンロッカーがあるなどのレベルだったホールフーズマーケット、今はプライム会員を軸としたマーケティングを進めており、オンラインから始まる買い物体験を提案し続けています。  またホールフーズマーケットの業態のあり方やMDなども変わっています。コンビニなどの新たなビジネスフォーマットへの挑戦、デジタルを使用した店内サービスの充実などがあげられます。また、かつての小売チェーンの当たり前との違いも特徴的です。かつてでしたらチェーン店を傘下に入れたら、チェーン全体を効率的に運営するとこでしたが、ホールフーズマーケットは個店主義。それぞれのロケーションや住民に合わせた店をつくり、コミュニティーに溶け込んでいます。  そして、画期的な「アマゾンGO」レジに並ばない、お金もカードも出さずに買い物ができる、ストレスフリーな仕組みはやはり画期的です。しかし、実際買い物をしてみると、あっさりと買い物が終わってしまって拍子抜け。でも、この「あっさりと終わる買い物」こそが新たな小売のあり方なのかもしれません。 ■ホールフーズマーケットのコンビニ業態 チェルシーの店に併設、ベーカリー、デリ、1つ売りのグロッサリー、カフェを複合 ■ホールフーズマーケットのミルクDIY … ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-07-31
  • NY 小売リーダーの様変わり
     先月末、ニューヨークを久しぶりにショップリサーチしました。どの都市でもファッションウィークと兼ねてショップリサーチをしているのですが、今回はNYメンズのスケジュールが軽かったこともあり、リサーチをしっかりとすることができました。  今回、一番感じたのは「小売のリーダーが様変わりした」ということです。店頭が賑わっているプレイヤーが変わっています。ファッションでいうと、百貨店、スペシャリティストア、テーマ型ストア、SPA、ファストファッションと市場の主役であるプレイヤーが変わってきましたが、今はデジタルネイティブ(創業時からデジタルでビジネスをしている)なプレイヤーが人気を集めています。  3年ぐらい前までは「デジタルネイティブ=新興」というイメージですが、今やデジタルネイティブでないプレイヤーで賑わっている小売を探すのに苦労するほどです。ボノボス、ワービー・パーカーはもはや老舗感が漂っています。  その中でも賑わっているのは、「エバーレーン(Everlane)」と「グロシエ(Glossier)」でしょう。「エバーレーン」は、「ガラス張りの価格政策で注目を集める新興ファッションブランド」というイメージから脱却。中グレードの人気ブランドに成長しています。メンズはイマイチですが、ウィメンズは単品説得力があり、このグレードの主役であったJ.Crewの各業態が色褪せて見えます。世界観やテイストという名のもとミッドグレードのファッション企業が高粗利を稼ぐというのが難しくなっていることを感じます。  今やデジタル、オンラインの広がりにより、まずはデバイスで商品をチェックする時代。そうすると一つ一つの商品が自分にとってメリットがあるかどうかが大事です。店舗しかなかった時代に行っていた、インストアプロモーションやデコレーションだけでは消費を喚起することが難しくなっていることを痛感。世界観に浸るとしたら、オンラインやSNSでしょう。そこで経験したUX(ユーザーエクスペリエンス)を拡張した店が人気を集めているのでしょう。    テイストや世界観で商品価値を上げて売上につなげるという手法は、洋服以外の方が上手くいっているようです。グローシエの実店舗はその代表でしょう。「グロシエ」の世界観で作り上げた空間で、嬉々とした表情でコスメを選ぶ女性たちの姿を見ると時代の移り変わりを感じざるを得ません。そこは店ではなく、まさにコミュニティのために提供されたラウンジ。スタッフと顧客も「売り手」と「買い手」でなく、まさに仲間。かつての109系のブランドのように、友達感覚の販売員のレベルではなく、本当に売ることを目的にしない友達です。  元々、販売スタッフと顧客が友人感覚で結びついていた米国流販売スタイルの進化系とも言えますが、このコミュニティーづくりというマーケティーング手法は、日本のファッション小売業にとっても参考になるでしょう。… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-07-21
  • 第96回ピッティウォモ トピック5選
      今季のメンズウィークで最も話題となったのが、ピッティウォモ。その中でも印象に残ったイベントを5つ選んでみたいと思います。 1.ジバンシィのショー&パーティー ジバンシィのショーはやはりすごかった。会場も別格…。フィレンツェの山の上にあるゴージャスな屋敷。2年前にJWアンダーソンが行ったのと同じ会場でしたが、それとはまるで異なる世界観を作り上げていました。 ほぼ、1番乗りで会場した私。静かな会場を楽しむことができました。おもてなしのケータリングもトスカーナのスローなムードのもの。… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-06-30
  • 街とコレクションのイメージが融合 ロ…
    ロンドンメンズへも2年ぶりに行ってきました。今回印象に残っているのは、それぞれのショーのロケーションが魅力的で、ファッションウィークに行っただけでロンドンの魅力に触れることができたことです。 大きな要因はメイン会場をイーストに移したこと。先シーズンからだそうですが、私にとってはイーストでのショーはほぼ初体験。イーストは、ブリックレーン、ショーディッチ、ハックニーといった街が集いカルチャー&ファッションに触れることができるエリア。観光商業の一つの重心となっています。以前はセントラル(ホルボーン周辺)でやっていたため、オフィス街や歓楽街を見ながらショーを見たのですが、今回はグラフィティアートや古着屋さん、ストリートフードなどをショーの合間に見ながらコレクションを楽しみました。ロンドンメンズは、大御所系や商業系がめっきりと減ったのですが、その分「ストリート=ロンドンメンズ」というイメージを強固にしています。それはこのローケーション変更も大きく影響しているでしょう。   一方、「ロンドンに帰ってきた!」と現地メディアが報じたビッグブランド、「アレキサンダー・マックィーン」のプレゼンテーションは優雅そのもの。歴史的建築物「チャーターハウス」の門をくぐると、ロマンチックなケータリングでおもてなし。コレクションも同ブランドらしい毒気とエレガンスが融合したもので、ロケーションと共にブランドの世界観に酔わせていただきました。 … ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-06-29
  • 2019春夏NYメンズ….
    (NYの新進ブランド、「アンタイトルド コレクティブ」) 今回、NYへ行った理由の一つはNYメンズを見ること。 このNYメンズ、春夏シーズンは7月にやっていたのですが今年から6月上旬に前倒し。世界で一番早いファッションウィークになりました。なので、見に行ったのですが。。。。 スケジュールがスカスカ、、、、。NYメンズといいながらウィメンズのショーもあったりします。 日本に窓口があるのは、アレキサンダー・ワン、(八木通商傘下になった)フリーマンズスポーティングクラブ、そしてNハリウッド(良いショーでした!)の3つだけ。しかも私は、5月末日に行ったアレキサンダー・ワンのショーには間に合わず....(アレキサンダー・ワンのショーは、黒部エリさんがレポートをアップしています。) NYメンズが前倒しになったのは、アレキサンダー・ワンのショーに合わせてのこと。しかし、それに追従するブランドは本当に少なく、日本でおなじみのビッグブランドはもちろんコンテンポラリーブランド、カジュアルブランドも参加がほとんどありませんでした。なので、NYメンズはローカルの新進デザイナーたちが中心。NYMDは見応えがあったようです(これも間に合わず)。 そもそも、NYではファッションウィークそのものが下火。マーケティングの街NYだけに、マネタリーが見えないファッションショーに存在価値がなくなっているのだと思います。 この辺りは、服飾文化を継承するパリ、職人芸を披露するミラノ、都市活性化に貢献しているロンドンとは違う点だと感じた次第です。… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-06-29
  • #PRIDEは皆にとって自分ごと
    (写真:ロンドンのリバプールストリート駅の階段)   メンズウィーク、市場視察、ビジネスミーティングのため欧米を周遊してきました。20日間弱の行程で、これほどたくさん飛行機に乗ったのも初めてかもしれません。どちらかというと1都市にじっくりと滞在するのが好きなのですが、今回は1都市4日で、4都市を訪れました。さらに、欧州と米国の大陸間移動は想像以上にストレスがありましたが短期間で欧米を周遊したことで見えてきたこともあります。 今日はその中の一つをお伝えしたいと思います。それはPRIDEについて。 日本の多くの方はPRIDEって言ってもピンとこないかもしれませんが、欧米ではダイバーシティーを表現する言葉の一つです。元はゲイプライドから発した言葉です。1969年6月28日 に起きたストンウォール事件に関連して、6月は欧米(最近ではアジアでも)でもゲイプライドのためのデモが行われてきました。それがLGBTQや男女差別と結びつき、人種や宗教などすべての差別をなくし、それぞれのアイデンティティーにプライドを持つという言葉として広がっています。 それを象徴するモチーフ、レインボーカラーは6月の街角を飾っています。NYでは百貨店や大手ブランドもレインボーカラーを使った店内装飾を行っています。中には「HAPPY PRIDE」 といった言葉も。そして、大陸間移動で利用したアメリカンエアの機内映画では「PRIDE… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-06-27
  • タイムレスなファッションとは
    写真:マディソンブルー   「ニュー・ノーマル消費」の時代でのファッションのあり方を考えると、「タイムレス」ファッションが一つのヒントになると感じます。 時が過ぎても古びないファッションというものです。トラッドやシンプルデザインもこれに入りますが、それさえも古びてしまうというのが、ファッションの難しさ。普遍なアイテム、シンプルなデザインを採用しながらも、シルエットやカラーのトーンなどはトレンドを組み入れるものですから、仕方ないです。 時が過ぎて古びないためには、トレンドを超越した魅力が必要です。ずっと着られて、コーディネートもしやすい。でも、古いものを引っ張りだしても輝くような服がタイムレスなファッションと言えるでしょう。 大人社会化し「ニュー・ノーマル消費」が広がりつつある今、このようなタイムレスなブランドが新鮮に見えます。 例えば、ニューヨークのセレブリティーが手がけた「ザ ロウ」、「ザ リラクス」や「マディソンブルー」のようなデザイナーとは異なった視点で組み立てたブランドなど、この「タイムレス」なファッションという定義が増えていっているように感じます。… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-05-31
  • 「ニュー・ノーマル消費」と「ルルレモン」
    こちらのブログで、何度かお伝えした「ニュー・ノーマル消費」。 これまで、服やバッグ、靴などのファッション商材は「セルフプロデュース」のためでした。豊かな自分、知的な自分、かわいい自分、魅惑的な自分・・・・人にどう思われたいかという「外的志向のセルフプロデュース」や人にどう思われようと関係ない、自分らしさを表現するための「内的志向のセルフプロデュース」としてファッション商材は購買され、そして使用されてきました。 もちろん今もその消費はあり、まだまだ大多数はそういう消費ですがそれが減ってきて、「絆のための消費」が広がっている。。。。それが「ニュー・ノーマル消費」です。。人と人、人とブランド、人と物、人と世界がつながるための消費が伸びていき、これまでの商材や店を変えていっています。それもだんだんと定着してきて、「ニュー・ノーマル(新しい常識)」とはいえなくなってきたかもしれません。 その中で、ファッション商材はどうあるべきかということをずっと考えています。そして先日、「ルルレモン」のメンズデザイン責任者のベンにインタビューする機会がありました。その時、彼とそのあたりのことを話し、やはり同じことを彼も考えていたようです。 このインタビュー記事にある「ルルレモン」のやってきたこと、そして彼がデザインで今大事にしていること、それも「ニュー・ノーマル消費」時代のファッションのあり方について、一つのヒントとなるのではないでしょうか。 よろしければ、ご一読ください。 関連記事:【インタビュー】「ルルレモン」本国メンズデザイン責任者に聞く コミュニティーづくりと“OTC”で日本メンズ市場を開拓   ★SNSでも情報を発信しています… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-05-30
  • アルマーニが東京国立博物館で魅せた世界観
      昨晩、「ジョルジオ アルマーニ」が東京国立博物館で2020プレコレクションショーを開催。私も行ってきました。 コレクションの内容はレポートに別途アップする予定ですので、こちらでは私が経験して感じたことを書いてみたいと思います。 東京国立博物館でのショーはこれまでも何度か伺ったことがありますが、今回のショーではその設えが素晴らしかったです。 同館の黒門には、同ブランドのマークを描いたパネルを設置。扇のような背景にロゴが浮かび上がったかのようなデザイン。そこを抜けると、提灯が会場へゲストを誘います。 大正天皇が皇太子時代に成婚した記念で建てられた表慶館が今回の会場です。階段を昇ると、そこにはラウンジが。竹林の茶屋を思わせるような和の雅びな世界が広がります。 そしてショーには、富永愛さんやUTAもモデルとして登場。最後に現れたアルマーニ氏の姿に感動しました。いつも拝見しているミラノでのメンズショーでは、チラッと現れて手を振るぐらいですが、今回はランウェイを歩ききりました。 アルマーニ氏は、日本と自ブランドを共通点があると言います。それは独自性。日本は島国だからこその独自性があり、アルマーニはトレンドに流されない独自性があるとコレクションノートに記していました。なるほどなぁと思った次第です。… ... read more
    Source: New MD WatchingPublished on 2019-05-25
1 2 3 18

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy