山中コンサルティングオフィス

MD Watching

  • 東コレ所感4 印象に残ったショー5選
    東京ファッションウィーク終了から1週間ぐらい経ってしまいしたが、最後に印象に残ったショーを紹介したいと思います。 1.アンリアレイジ これまでのブランドの軌跡を100を超すのルックを紹介した壮大なショーでした。パリコレと同様にサカナクションの山口一郎氏も登場。これまで凝った仕掛けが次々と現れ見応えがあったショーでした。凝っているだけに、開始時間もおし、そして長いショーだったため、次のショーまでの移動も苦労したことも思い出の一つです。今後も勝たれ続けられる伝説のショーになるかもしれません。 詳細はこちらをご覧ください   2.N.ハリウッド NYメンズで発表したコレクションを再編集したショー。NYの時とは異なり、日本のマーケットを見据えて、古着などを入れたリミックス感に見入りました。また招待ゲストも豪華。トップ芸能人やデザイナーたちが駆けつけました。 詳細はこちらをご覧ください… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-10-29
  • 東コレ所感3 期待の新進デザイナー3選
    今シーズンは初参加の新進デザイナーが多かったのが特徴です。その中でウィメンズを中心に期待したいデザイナーも出てきました。私が見られたショーで、良かった新進デザイナーを3人紹介したいと思います。   マラミュート すでに伊勢丹のリ・スタイル、ジャーナルスタンダードなどで販売しており、展示会などでは業界の女性がこぞってパーソナルオーダーをするという実力派。リアルクローズとモードの間という、ビジネス的にも期待できるブランドです。今シーズンは、ビンテージやレイヤードを取り入れてコンテンポラリーなテクニックを提案。一枚だけでも魅了が伝わるアイテム設計も魅力です。   コトハヨコザワ   4年前から行われた「東京ニューエイジ」。株式会社パルコが支援し、「リトゥンアフターワーズ」の山縣良和氏、「ミキオサカベ」の坂部三樹郎氏がプロデュースしたプロジェクトです。このプロジェクトから、旅立ったデザイナーの一人がコトハヨコザワ。これまでも注目されてきたデザイナーですが、今シーズンは荒削りな部分が消え、若手の前衛イメージからビジネスとして期待できるイメージとなりました。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-10-25
  • 東コレ所感2 気鋭と大企業が放った2つ…
    ファッションウィーク期間中に、所感をアップしようと思っておりましたが、コレクション取材と編集が優先となり、本日「所感2」となってしまいました。 今回のファッションウィークは期間外に魅力のショーが2つありました。1つは、伸び盛りの「アキコアオキ」。そしてもう一つは、驚きのショーを行った「オニツカタイガー」です。   まず、「アキコアオキ」。渋谷のセルリアンタワー東急ホテルの一室で、ファッションウィーク開始3日前の10月12日にショーを行いました。 ドア開けて部屋に入ると、5人のモデルがリビングルームに着席。暗い照明で、独特のムードを醸し出します。ベッドルームに続くシャワールームは、シャワーが出しっぱなし。英語で続く女性の声、人が歩く影を映し出した照明アートなどが相まってミステリアスなムードが広がります。青木明子デザイナーは、「ランウェイと展示会のギャップを感じ、その間となる表現でコレクションを発表したかった」と語っていました。 注目のデザイナーが、ファッションウィーク開始前に行った同イベント。業界に対するアンチテーゼのようにも感じました。   そして、「オニツカタイガー」は、ファッションウィークの終了の2日目である10月22日の夜に大きなイベントを開催。ファッションショー、インスタレーション、パーティーを早稲田で行いました。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-10-24
  • 東京ファッションウィーク所感 1
    昨日の10月15日から東京の「アマゾンファッションウィーク東京2019春夏」が開幕しました。 今回のラインナップ、率直に言ってちょっと地味です。ミセスプレタは健在ですが、東京の強みは、ストリート、メンズ、リアルクローズだと思います。その視点で見るととちょと残念な気持ちで初日に臨み、そして初日を終えてしまいました。 その中で、初日で面白かったショーやイベントをピックアップします。 まずは、釣りのDAIWAが始めたファッションブランド「D-Vec」。アスレジャーとフィッシング融合したブランドとしてすでに東京のファッションウィークでは、お馴染みとなっています。今回のショーは、赤坂ARKヒルズの噴水広場でショーを行いました。私のシートは、滝のように流れる水の裏側。そこでショーを眺めると言う驚きの体験です。ショーが終わっても耳鳴りがして。。。。この耳鳴りで少年の頃に渓流釣りに行ったことを思い出しました。ルックはユーティリティを拡張したモード。ハイテック素材を作ったアイテムなども魅力でした。 VIA apparel-web.com Photo by… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-10-16
  • メディア化するリテールスペース
    明日、30日まで営業しているカルティエのポップアップショップ「カルチエ」に行ってまいりました。内見会に伺えなかったので、雨降る水曜日に行ってきました。 スタート当初は行列が話題となっていましたが、雨と言うことでサクッと入れました。店内はコンビニ風のインテリア、レイアウト、販売システムですが、販売しているものは、世界のグルメやスペシャリティストアのもの。有名シェフがプロデュースするおにぎらずやマンゴーケーキ、世界各地のアルチザンが丹精を込めて生産した生活雑貨などが並んでいたようです。 と言うのも、私が行った段階でほとんど完売。棚は空スペースがほとんどです。非売品のシャンパンで作り上げたインスタレーション、アイスバーを並べたようなアート作品のみが目立つ状態でした。 このような品揃えでも、来店客は嬉しそう。店内で、写真や動画をガシガシ撮っています。もはや、店というよりインスタのためのフォトスポット状態でした。もちろん、スタッフは撮影を咎めるようなことはしていません。 この体験を通して、感じたのはリテールスペースがメディア化(見るだけで楽しい、情報発信など店頭売上以外での効果が狙い)するということです。前から言われていましたし、パリのコレットなどのようなB2Bのためのショーケースはありました。しかし、ここはお店での体験を来店客のSNSを通じて拡散するという、まさにメディア化している状況でした。 今や百貨店やチェーン店でも、フォトスポットなどを設けてSNSでの拡散を狙っている事例はありますが、「撮りたい!」っていうエモーションに訴求するための仕掛けはどんどん高度化し、リテールスペースそのものがメディア化していく例が増えてきそうです。 しかし、その場での売上アップを考えると無理な部分はあるので、大手がポップアップショップで。というのが現在の先端事例なのでしょう。 … ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-09-29
  • 日本橋高島屋S.C.所感
    9月25日にオープンする「日本橋高島屋S.C.」の新館。昨日9月21日には内覧会を開催し、私も行って参りました。 「日本橋高島屋S.C.」は、歴史ある百貨店を本館とし、ポケモンセンターなどが入る東館、タカシマヤウォッチメゾン、そして今回オープンする新館の4階体制の商業施設です。 「ショッピングセンター」と名付けてはいますが、来店して感じるのは、百貨店らしさ。新館も、百貨店の専門店街という感じです。「玉川高島屋S.C.」のフォーマットより百貨店色が強いSCです。 ということで、新館にはショッピングセンターのアンカーテナントの定石、ユニクロ、無印良品などは入っておらず、ファッション系テナントはセレクトショップや百貨店のアパレルメーカーの業態がほとんどを占めています。新業態も多く、百貨店グレードのテナント視察という点では見応えがあります。 ターゲットイメージは、50代を核に富裕な団塊ジュニアまでというところでしょうか。日本橋高島屋の子世代とも言えます。 日本橋といえば、周辺就業者のファッション購買への対応が長くできておりませんでした。コレド日本橋のような補完施設がありますが、良識あるリッチシニアと国内観光客が楽しむという商業地というイメージを拭うことはできません。そこで、この新館。グレードも年代も本体の百貨店とスラック(隙間)なく若い方にスライドしていると言えそうです。 しかし、20代、30代を含むターゲットでポピュラーグレードの商業施設は空いたまま。周辺のファミリー層は豊洲、手頃なものを求める観光客は東京駅前に向かう図式は変わらず。そのため、日本橋は銀座との地域間競合という大きな課題を解決することはできないままです。 三越は前体制の時に、周辺で働くキャリア女性を取り込むことを発表していましたが、その後方向転換。10月24日に予定しているリニューアルの時にどのようになるか注目したいと思います。 … ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-09-22
  • 渋谷ストリームをチェック
    9月13日にオープンした「渋谷ストリーム」。昨日の9月14日に行ってまいりました。 「渋谷ストリーム」は、東急線の跡地に開発されたオフィス、ホテルを核とした複合施設です。東急グループが推し進めている渋谷駅周辺の開発事業の一つ。 渋谷の南口、渋谷川沿いと、これまで未開発エリアの開発で、渋谷橋交差点にできた渋谷ブリッジと共に、代官山方面に人の流れを作る開発としても注目を集めました。   テナントは、飲食・最寄物販のみ。ファッションなどの買回品はありません。周辺就業者、都市環境客がターゲット。そのため、居心地の良さを追求した環境作りを行っており、それが最大の魅力です。 東京の方はご存知の通り、渋谷川は「ドブ川」として知られた小川。その後、浄化は行われてきましたが、オフィスや住宅の裏を流れる日陰の存在でした。その渋谷川を、見どころに変えていることが大きな話題です。川岸からは無数の水の"糸"が流れこんでいて、夜になるとライトアップされ、リバーサイドの楽しさを追求しています。 館内も、オープンスペースが多く、テラスを設けたレストランなどもあり、天気の良い日などは最高の居心地です。 このような施設は、商業の効率としてはあまり良くないもの。しかし、オーバーストアと言われて久しい現在の日本においては、このような非効率への挑戦が求められるのかもしれません。 同施設では、商業ゾーンでは非効率の挑戦をしながら、オフィス(グーグルが入居)やホテル(エクセル東急)のテナント賃料でバランスをとるということなのでしょう。さすが東急グループの余裕ということでしょう。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-09-15
  • スポーツとファッションがますます融合
    「アスレジャー」という言葉が流行って2年以上が経つ今、スポーツとファッションがますます融合しています。 それは、ファッションのルックだけでなく、製品の定義、ビジネスモデルまでも変えています。 先日「g.」を発表した「Sakayori.」の展示会で坂寄デザイナーの言葉が印象的でした。「スポーツ製品のための素材を知ると、ファッション向けの素材がいかに遅れているのかがわかった」とおっしゃっていました。例えば、色移りをしないにもつかないのにアタリはつくというデニム素材、撥水・撥油加工の白素材など・・・。アウトドアやスポーツでは、パフォーマンスや利便性向上を目的に様々な素材が開発されています。同ブランドではこれらの素材を、顧客メリットとして採り入れたそう。 (g. ファーストコレクション) このように、スポーツやカジュアルの世界だけでなく、モードの世界にも様々なスポーツ素材やテクニックが入ってきています。 そして、スポーツ企業とファッションブランドの融合もますます進んでいます。デザイナーとスポーツブランドのコラボというレベルでなく、スポーツ企業がファッションブランドを傘下にし、そのブランドをスポーツ素材などのテクニックで、顧客メリットを最大化している例も聞かれます。「ゴールドウィン」と「ウールリッチ」の例などはその代表でしょう。そして、ワークマンのSC業態「ワークマン プラス」も、作業服の持つ機能性を普段着として提案している例と言えそうです。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-09-08
  • トムブラウンとゼニアが生むシナジー効果
    ゼニアがトムブラウンを買ったというニュースが報じられました。BOF の記事よると85%の株式をゼニアが取得、15%はトムブラウンとのこと。トム自身も続投するでしょう。 思えば、トムブラウンはこれまでさまざまなオーナーに委ねてきました。元俳優のトム・ブラウンが2001年に同ブランドを創業。アンクルカットのテーラリングで注目を浴びて、NYで人気が爆発しました。わざわざ、トライベッカのお店に行ったのが、もはや懐かしく感じます。 その後、2009年に日本の会社クロスカンパニー(現ストライプインターナショナル)の傘下になった時は、その売上が意外に少なく、人気と実利の差を感じました。クロスカンパニー時代には、エントリーラインの開発も行い、クロスカンパニーのSCブランド「コエ」とのコラボも行いました。コラボと言えば、ブルックスブラザーズ、モンクレールも有名。日本のファッションコンシャスな男性にとっては認知度の高いブランドとなっています。 そして、ファンドを経てゼニアの傘下に。とても、びっくりしましたが、相性がいいように思います。ゼニアの生地提供力、生産背景を生かし、トムブラウンが苦手だったヨーロッパやアジアの市場へ攻め返えせると思います。 日本や韓国など、コアなファンを持つトムブラウンですが、ヨーロッパやASEANなどでは、インパクトを出せていないようです。一方ゼニアは、ヨーロッパはもちろん、アジアにもたくさんの店舗販売網を持っています。 そして、エリートなアダルトをターゲットとしたゼニアにとっても、若々しいテーラリングを好む新興国の若い大人を狙えると思います。 つまり、生産と販売、エリアの3点でシナジー効果があるではないでしょうか。 ゼニアがトムブラウンを迎える・・・・。まるでイタリア紳士が、シャイなNYボーイを養子に迎えるかのよう。さらなる成長が楽しみになる、ワクワクする話題でした。 … ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-08-30
  • インテリア専門店「イルムス」のファッ…
    デンマークといえば、モダンインテリアが見所。コペンハーゲンのストロイエにあるイルムスの本店「イルムスボリフス」は、モダンインテリアの専門店として90年以上の歴史を持ちます。 イルムスの日本の展開は、西武百貨店が業務提携し、1998年にスタート。現在は伊藤忠商事が資本参加し、投資会社子会社が運営しています。日本では、高級インテリアブランドというイメージを持つ方が多いと思います。 しかし、この「イルムスボリフス」は高級な住関連百貨店というイメージ。そして実はファッションのフロアがあります。インテリア専門店がファッションを扱うケースはありますが「イルムスボリフス」は、平場もありブランドコーナーもあります。 主力ブランドは、スウェーデンの「Fillipa K」、地元コペンハーゲン発の「RAINS」など。シンプル&モダンなスカンジナビアンファッションが中心。パリのBHVと同様、住関連とファッションの融合を感じさせるMDです。私が訪れた時はセールの時期でしたので、陳列は乱れがちですが・・・・。 有隣堂が東京ミットドタウンに「ヒビヤセントラルマーケット」をオープンしたり、カルチャーコンビニエンスクラブがツタヤ家電を開発したり、ホームセンター島忠との協業を発表したり・・・日本では、住関連小売の業態革新が進んでいます。住関連小売のライフスタイル化、ファッション化、ブランド化のモデルの一つとしてあげられる店舗と言えそうです。   … ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-08-30
  • コペンハーゲン セレクトショップ事情
    家賃高騰、EC利用の普及により、パリやロンドン、NYなどのファッションキャピタルのセレクトショップは少なくなり、観光客相手のビジネスに変換しています。そのため、個性のあるセレクトショップは、そこまで家賃が高騰しておらず、また地元百貨店がファッション専門店化してない街の方が、見つけやすいのが、現在の状況のようです。ベルリン、バルセロナ、イタリアの地方の街、アントワープ、ブリュッセル・・・・・。そして今回訪れたコペンハーゲンも魅力的なセレクトショップを見つけました。 それらの多くが立地するのが、市中心部より北西に広がるファッションエリア。百貨店イルムから徒歩5分ぐらいのエリアに、地元デザイナーのショップ、カフェ、レストランなどが点在しています。このエリアは、ストロイエあたりのワサワサ感もなく、時間がゆったりと過ぎているような感覚を覚えます。     ◆STORM … ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-08-25
  • コペンハーゲン 百貨店事情
    百貨店のレベルが高い日本に慣れた目でヨーロッパの百貨店を見ると、MDや演出が残念に見えます。アングロサクソン系の英国は米国と同様にデパートのレベルが高く、またLVMHやギャラリーラファイエットなどの巨大企業が百貨店を傘下に置いているフランスもどんどんアップスケールしていますが、ベルギーもスペインも以前のイタリアも残念な感じ。今回訪れたコペンハーゲンも同様でした。 なので、現地のデパートは年配層やファミリー向けの前時代的業態と言え、人も少ない。しかし、変革の兆しが見えている店もあります。その代表が、「イルム(Illum)」でしょう。   1891年創業の同店。1972年までは創業家が家族経営をし、その後は同業他社やメルリリンチなど、様々経営母体が所有し、2013年にイタリアのデパート「リナシャンテ(La Rinascente)」の傘下に入ります。「リナシャンテ(La Rinascente)」といえば、タイの巨大流通グループ「セントラル(Central)」が経営母体。このグループに入ってから「リナシャンテ(La Rinascente)」はどんどん、ファッショナブルに変わってきたのですが、「イルム(Illum)」も同様の道筋を歩いているようです。 ファッションは大衆ブランドを中心にデザイナーやラグジュアリーが点在。凡庸なMDです。現段階では、飲食フロアが魅力でしょう。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-08-13
  • コペンハーゲン 百貨店事情
    百貨店のレベルが高い日本に慣れた目でヨーロッパの百貨店を見ると、MDや演出が残念に見えます。アングロサクソン系の英国は米国と同様にデパートのレベルが高く、またLVMHやギャラリーラファイエットなどの巨大企業が百貨店を傘下に置いているフランスもどんどんアップスケールしていますが、ベルギーもスペインも以前のイタリアも残念な感じ。今回訪れたコペンハーゲンも同様でした。 なので、現地のデパートは年配層やファミリー向けの前時代的業態と言え、人も少ない。しかし、変革の兆しが見えている店もあります。その代表が、「イルム(Illum)」でしょう。   1891年創業の同店。1972年までは創業家が家族経営をし、その後は同業他社やメルリリンチなど、様々経営母体が所有し、2013年にイタリアのデパート「リナシャンテ(La Rinascente)」の傘下に入ります。「リナシャンテ(La Rinascente)」といえば、タイの巨大流通グループ「セントラル(Central)」が経営母体。このグループに入ってから「リナシャンテ(La Rinascente)」はどんどん、ファッショナブルに変わってきたのですが、「イルム(Illum)」も同様の道筋を歩いているようです。 ファッションは大衆ブランドを中心にデザイナーやラグジュアリーが点在。凡庸なMDです。現段階では、飲食フロアが魅力でしょう。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-08-13
  • コペンハーゲンのユニクロはここ
    メンズファションウィークの後、デンマーク・コペンハーゲンに滞在しました。ちょうど私が滞在していた時、日本のメディアではコペンハーゲンにユニクロがコペンハーゲンに店を出すとう報道がされていました。 しかし、私はそんなことも知らず。。。 マーケットリサーチで街を回っていると、偶然ユニクロのロゴをあしらった仮囲いを発見したという次第です。 ユニクロが出店するのは、世界一長いと言われるコペンハーゲンの歩行者天国ストロイエ通り(Vimmelskaftet 38, Copenhagen, Denmark)。中央駅の方向から中央広場に向かう途中のちょっとだけ道幅が細め(でも十分広いですが)になっている箇所です。周辺はザラがあり、デンマークが誇るファッション企業ベストセラー社が手掛けるSPA「ONLY」のすぐ近くです。ダウンタウンでちょっと怪しげなエリアから、市内随一の広場に抜けるあたりという感じです。高級ブランドや百貨店は広場の方、高感度なセレクトショップはもっと奥(北東)に広がっていますので、駅から来る旅行客からするとショピング街の入口付近。目的もなく目抜き通りを歩いても、見つかるとくことで、「良い立地」と言えます。 出来る店舗は、約420坪で(地下1階~地上2階ということですのでユニクロの旗艦店と比べると小ぶり。建物も間口が狭めです。ユニクロのリリースによると、1840年代、後にデンマーク国王フレデリク7世との結婚により、ダナー伯爵夫人と呼ばれるルイーズ・クリスティーン・ラスムセンが開いた婦人服店があり、「Louise Hus(ルイーズの家)」と呼ばれる建物だそう。大きさより、歴史的意匠や背景を生かした店舗になるのでしょうか。楽しみです。 そして、コペンハーゲンとユニクロも相性は良さそう。シンプルでリラックスしたユニクロの服は、北欧の生活者に合いそう。スペインやイタリアの大胆なイメージとは違って。。。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-07-31
  • コペンハーゲンのユニクロはここ
    メンズファションウィークの後、デンマーク・コペンハーゲンに滞在しました。ちょうど私が滞在していた時、日本のメディアではコペンハーゲンにユニクロがコペンハーゲンに店を出すとう報道がされていました。 しかし、私はそんなことも知らず。。。 マーケットリサーチで街を回っていると、偶然ユニクロのロゴをあしらった仮囲いを発見したという次第です。 ユニクロが出店するのは、世界一長いと言われるコペンハーゲンの歩行者天国ストロイエ通り(Vimmelskaftet 38, Copenhagen, Denmark)。中央駅の方向から中央広場に向かう途中のちょっとだけ道幅が細め(でも十分広いですが)になっている箇所です。周辺はザラがあり、デンマークが誇るファッション企業ベストセラー社が手掛けるSPA「ONLY」のすぐ近くです。ダウンタウンでちょっと怪しげなエリアから、市内随一の広場に抜けるあたりという感じです。高級ブランドや百貨店は広場の方、高感度なセレクトショップはもっと奥(北東)に広がっていますので、駅から来る旅行客からするとショピング街の入口付近。目的もなく目抜き通りを歩いても、見つかるとくことで、「良い立地」と言えます。 出来る店舗は、約420坪で(地下1階~地上2階ということですのでユニクロの旗艦店と比べると小ぶり。建物も間口が狭めです。ユニクロのリリースによると、1840年代、後にデンマーク国王フレデリク7世との結婚により、ダナー伯爵夫人と呼ばれるルイーズ・クリスティーン・ラスムセンが開いた婦人服店があり、「Louise Hus(ルイーズの家)」と呼ばれる建物だそう。大きさより、歴史的意匠や背景を生かした店舗になるのでしょうか。楽しみです。 そして、コペンハーゲンとユニクロも相性は良さそう。シンプルでリラックスしたユニクロの服は、北欧の生活者に合いそう。スペインやイタリアの大胆なイメージとは違って。。。… ... read more
    Source: MD WatchingPublished on 2018-07-31
1 2 3 15

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy