山中コンサルティングオフィス

Asia Business Column

英語は変換力

週に1回ずつ、朝からマレーシア人メンバーに日本語、日本人チームに英語を教えています。使っているテキストから、今週の例文に以下のものがあり、考えさせられました。

スリッパをはいたままタタミの部屋に入ってはいけません。

皆さんなら、どう訳しますか?

一般論として、日本人が一番ひっかるのは、「スリッパをはいたまま」という部分じゃないかと思います。

忠実になろうとすると、訳に時間がかかる場合があります。でも、実際の現場では待ったなしです・・・。どう言うんだっけ、と頭を悩ましていては余計にあせってしまい、さらにパニックになってしまいます。

こういうときに、自分の知っている単語優先で日本語の文脈を置き換えて考える。これを変換力と定義してみました。

Please take off your slippers before entering Tatami room.

日本語の例文には、「スリッパを脱いでください」とは一言もありませんが、これを聞いた外国人は、例文で意図した通り、スリッパをはいたままタタミの部屋に入ることはないと思います。

Take shoes off ならとっさに頭に浮かぶ確率も高いですし、「スリッパをはいたまま」という部分の英訳にチャレンジする必要がなくなります。

ちなみに教科書の回答には、こうあります。

You must not walk on the tatami in your slippers.

クイズを解くときのように、即座に対訳が思い浮かべば良いですが、そうではない場合、知っている単語中心で文章を考えようとチームに伝えたところです。

再開するためのパワー

しばらく海外出張が続き、オフィスを離れていたこともあり、ブログがとだえてしまいました。

不思議なもので、ルーティンからはずれてしまうと、書くきっかけが見つからなくなります。ネタがうかばなくなりました。

出張中は移動も多いですし、人さまとご一緒する機会も増えます。ですが、書くのに十分な時間がなかったかというと、パソコンに向かう配分は普段と変わりなかったように思います。

物事を継続することは難しいといわれますが、それは途絶えたものを元に戻すのが困難であることを同時に表すことかもしれません。

ボクシングの辰吉丈一郎さんが、ドキュメンタリーで語っているのを以前に見ました。現役にこだわる辰吉さんは、凍えるほどの寒さであろうが、雨が降ろうが、たとえ熱があっても朝走り続けるそうです。

続けられない理由を探さないこと。

今日からまた、継続を始めます。

YRCG マレーシアオフィス
石橋正樹

Ba・Ka・Ya・Ro・U

マレーシアで最も市民権を得ている日本語といえば、上位を争うのはどんな言葉になるでしょうか?

配車サービスの Grab を利用するのですが、こちらが日本人だと分かると、知っている日本語を披露してくださるドライバーさんに出くわすことがよくあります。そういうときはだいたい、「ありがとう」か「もしもし」の2つの単語が並べられることが多いです。

ランキングの番外編として印象に残る言葉が「ば・か・や・ろ・う」で、今回はこのばかやろうがテーマになります。

奇をてらう意図があるのかどうかは定かではないのですが、特に車内で悪いことをしでかした覚えはありません。ただ、彼らがその言葉を披露したいだけなのです。深い意味はありません(きっと)。良い言葉ではないだけに、どこで覚えたんだろうといつも不思議に思っていました。日本でも、ビートたけしさん以外が使っているのをあまり聞いたことがありません。

先週の金曜日、アジアでインフルエンサーのマネジメントを広く手がけるWebTVAsia の副社長さんと打ち合わせをする機会がありました。彼がプレゼンで使用した動画をみて納得しました。Grab ドライバーさんの言葉はここからきていたんだと・・・。

これは、東京盆踊り2020という動画です。ビデオの最後で、お相撲さんが「Ba Ka Ya Ro U」と3回ほど繰り返します。

WebTVAsia がマネジメントする Namwee というマレーシア人のシンガーソングライターが作成したビデオクリップです。日本を紹介する内容なのですが、本日現在、4,500万回以上再生されています。たくさんのマレーシア人が視聴しているようで、うちのスタッフも知らない人はいないほどです。

日本人が英語をうまく話せないことをコメディタッチで描いていて、コメント欄にざっと目を通す限り、各国の人々の反応は悪くないようです。

その中で、日本人と思われる方のコメントを紹介します。

「日本人としては、ちょっと違うなと感じるところはあるけど、日本全開で良いし、こうやって海外のアーティストが真剣に日本をアピールしてくれるのは嬉しい!」

まさにおっしゃる通り。

日本人がこの動画をご覧になると、このコメントのように賛否両論分かれると思います。「バカにされた感じがあって、日本人が伝えたいイメージではない」というのが否定派、「このインパクトで外国の方が日本に興味を持ってくれるのであれば、ありがたいこと」というのが肯定派の代表的な意見になるのではないでしょうか。

ビジネスを行なっている身としては、お客さまに認識していただくこと、興味を持っていただくことにはいつも苦労していますし、様々な知恵を使って日々努力しています。興味を持っていただけた方なら、こちらが伝えたいメッセージを受け入れてくださる可能性が増します。

Namwee と企画して、次は感動バージョンなどを作るのも1つの方法かもしれません。最初から美しいストーリーを作り上げても、4,500万回の再生にいたるまでには相当な時間がかかることが予想されます。

実際、Namwee というアーチストは、炎上覚悟で話題性のある音楽や動画を作成して有名になった人として知られています。マレーシア国歌のパロディー版を発表して批判を浴びたり、イスラム教を冒涜したとして逮捕されるようなビデオも製作しています。

D & G の中国での大失態が世界中で大きな話題となっている昨今ですので、もちろんリスクマネジメントには細心の注意を払わなければいけません。学ぶことが多い1週間でした。良い週末を!

YRCG マレーシアオフィス
石橋正樹

一面を飾った大事件

本日の現地英字紙です。トップに大きく写真が掲載され、3面に詳しく記事があります。

日本関連の記事がトップにくるのは、珍しいことだと思います。それほどのインパクトがある内容ですね。

写真のキャプションには、栄華からの転落(Fall from grace)とあります。

・事件を受けて、日産と三菱自の株価が急落
・ゴーン容疑者が自ら選んだ CEO から告発されたこと
・権力が長年にわたり1人に集中していたこと

上記が記事の柱になっています。ゴーン容疑者のスペルが、Ghosn だということも初めて知りました・・。

ちなみに、マレーシアでは日産車は華人系財閥のタンチョングループ、三菱自は現地子会社、ルノー車はタンチョンの子会社 TC Euro Cars がディストリビューターです。

難解なクールジャパン

日本から関係者の方がお見えになり、クールジャパン事業について意見を求められることが少なくありません。海外でヒットをおこして、日本経済が潤うようにしなければいけないので、簡単にはいきません。

まず、海外でビジネスを成功させることがそもそも難しいですし、この課題を乗り切ったとしても、出ていった企業だけがうまく回るようでは求める形にならないからです。

議論しながら考えを整理し、お客さまにお話していることを近日中にここに書きたいと思います。

皆さま、良い週末を!

YRCG マレーシアオフィス
石橋正樹

YRCG: 2019年度予算を読み解く

さて、マレーシアの2019年度予算案が発表されました。

YRCG の CFO で元ビッグ4の Wong Tuck Waiと要点をまとめました。詳細は、プライスウォーターさんがしっかりとまとめられていますので、リンクをご参照ください。YRCG は、そこから読み取る政府方針にスポットをあててみます。

まず、マレーシアには直近の問題と、将来の不安材料があります。前者は外国人労働者への過度の依存を減らすこと、後者は高齢化社会への取り組みです(どこに国でも同じですね・・)。

外国人労働者問題は選挙の争点でもありましたので、現政権はその取り組みを示さなければなりません。また、マレーシア統計局によると、2040年には全人口の14.5%が65歳以上になると予想されます。ちなみに2017年は、その割合がわずか6.3%です。

こうしたことをふまえて、今回の予算案ではインダストリー 4.0 に関する税制優遇、人材育成に関するインセンティブが多く記載されていました。製品開発やスキルアップに関する費用には100万リンギを上限とする二重控除が3年にわたって適用されます。

マハティール首相が歳入を補うことを目的に導入すると発言して話題となった新税は、海外事業者に対するデジタル課税が柱となりました。

実際はデジタルサービスに限らないのですが、音楽や映像のストリーミングサービスやソフトウェアのダウンロードなど、海外の事業者が提供するサービスをマレーシアの企業、または消費者が受ける際に、サービス税が発生します。B to Bは2019年1月、B to C は2020年1月と段階的に課税されます。

税収分野ではこのほか、カジノ関連と不動産の売却益に対する税率が上がりました。ここで初めて知ったのですが、カジノのライセンス料って年間1億2,000万リンギもするんですね。改定後は1億5,000万リンギに引き上がります。

一方で、中小企業に対する法人税は課税所得に対して、最初の50万リンギまでは現行の18%から17%に、50万リンギを超えた部分は同24%から23%にそれぞれ引き下げとなりました。

政府は歳出の抑制を公言していますので、民間企業の投資を後押ししなければなりません。2019年度の GDP 成長率は4.9%を目指しています。

投資に関わるところでは、環境問題に対応するプラスチック生産に投資控除とパイオニア・ステータスが付与されます。パイオニア・ステータスについては、ジェトロのホームページに詳述があります。

世界的にプラスチック製品の環境汚染が問題となっていますが、マレーシアはもう1つ大きな問題を抱えています。それは、パーム油です。生産量で世界第2位ですから、マレーシアの主要産業なのですが、EU が2021年から域内のバイオ燃料計画からパーム油を外すことを決めました。

パーム油製造者が、国連の定める持続可能な開発目標を達成することが困難という理由です。これが実行されれば大打撃となるので、いち早く環境問題への真剣な取り組みを世界に向けてアピールするねらいがあったのではないかとみられます。

最後にちょっと軽いところで、今回は清涼飲料の増税も盛り込まれました。100ミリあたり5グラムの糖分を含むものに1リットルあたり40センの物品税が課されるそうです。いわゆるソーダタックスで、もちろん国民の健康志向を啓蒙するのが目的です。今まで、1缶あたりティースプーン約11杯分もの砂糖が含まれていたわけですから・・・。

健康関連のビジネス参入をねらうなら、夜明けは近いのかもしれません。

YRCG マレーシアオフィス
石橋正樹

出店場所とパートナー選び

香港、マカオの出張からマレーシアに帰ってきました。つい2週間ほど前に、香港、マカオ、そして中国の珠海を結ぶ世界最長の橋も開通し、ますます人やビジネスの往来が増えそうです。全長55キロの橋を実際に渡り、マーケットもみてきました。

4年前、香港の上場企業とビジネスを始めた際、カウンターパートだった方が新規ビジネスの責任者になりました。

マカオには、アーモンドクッキーやピーナッツ飴を販売するおみやげ屋さんのモンスターのような店があります。観光地に行くと、多くの人たちがこのお店の買い物袋を手にしているのを見かけます。

これに対抗するために、香港企業は創業90年近くになる老舗ブランドですが、当時すでにビジネスをほぼ休止していた会社を買い取り、再生させるというプロジェクトに乗り出しました。

家族経営の小さなお店からレシピを得て、契約をがっちり固めたところで工場を作り、パッケージデザインを洗練させ、商品ラインナップを増やしました。そして、モンスターブランド旗艦店のはす向かいに1号店をオープンさせたのです。

この旗艦店は、有名な観光スポットの最高立地にあります。狭いプレミアムエリアなので、新規出店は容易ではありません。はす向かいで何をやったかというと、香港企業は2階建てのビルごと借り上げ、おみやげ屋さんとライセンスを持つカフェを併設して出店したのです。

売り上げをとることもそうですが、香港企業が最もほしいのはブランドの発信力です。ライバルの旗艦店があるプライムロケーションをとることで、その効果を期待していました。

4年経って、店舗数は13店舗になっていました。国際空港のおみやげ売り場にも商品が並んでおり、いずれも良い立地を抑えています。世界的に有名なアニメキャラクターとのコラボ商品も販売しています。

戦略的に計画された出店は、ここまでは非常にうまくいっています。

一方で、日本企業が海外でビジネス展開をするとき、良い立地を得ることは容易ではありません。的確な情報を集めることも大変ですし、実績を重視するデベロッパーさんは、1号店の出店にはなかなか良いロケーションをオファーしてくれません。

ほとんどの場合、固定家賃と売り歩のハイブリッドなので、良い場所には売り上げを実証できているブランドをおきたいからです。

美容、教育、エンターテイメント、飲食分野などで日本企業の出店を多くサポートしてきた YRCG の強みは、有力なデベロッパーさんと実績を築いたことで、テナントさんの動向や売り上げの推移、物件の情報を可能にしたことだと考えています。

こうした情報収集力や交渉力を、貴社の出店戦略に役立てることができれば幸いです。

ちなみに世界最長の橋を渡った際には、非常に稀な経験をしてきました。バスを待つ間、その列はどんどん伸びていきます。乗車券は前売りなので、全員が乗れるはずです。

ほどなくしてバスが到着したのですが、なかなかの人数が乗っています。人が降りる気配もありません。不安が募ります。

すると、さきほど乗車券を確認していた係のおじさんが、「残念ですが、2人乗車できません」と言ったのです。

この瞬間、列は崩れ、我先に乗車口に向かい出します。なんとか満員のバスに乗り込むことはできましたが、1人乗車できなかったお客さんが、窓の外で係員ともめています。

なぜ、1人だけだったかというと、カップルが最後尾の5人掛けを無理やり6人掛けにして、そこに収まったからです。そのままバスは15分ほど走り、マカオを出る際にイミグレーションの手続きをするために全員がいったん降車します。

再びバスに戻り座席について待っていると、1人の乗客がドライバーさんともめています。

席がないのです。

カップルが次は最後尾ではなく、別の2人掛けに仲良く収まり、5人掛けシートには5人が座ったため、ここで1人はじき出されることになったのです。

どうやって説得したのか分かりませんが、補助席のないバスは満席の状態で再び走り出しました。

どうか次のバスが満席ではありませんように・・・と祈るしかない。とても、バスを降りた人に目を向けることはできませんでした・・。

YRCG マレーシアオフィス
石橋正樹

 

マカオで観光客がつけるマーク

出張で香港とマカオに来ています。
マカオは4年ぶりです。

時期的な問題なのかもしれませんが、前回より少し元気がないように感じます。
中国の好不況を反映するものなのでしょうか。

観光地をのぞいてみると、とにかくスポーツブランドが目立つ印象です。こんなことを言っていては、東京の山中先生から「世界的なトレンドですから」と勉強不足を指摘されて怒られそうなのですが、そのレベルではないことを強調させていただきたいです・・。

カテゴリーとして分けると、スポーツブランド、ハイブランド(本物かそうでないかは定かではありませんが・・)の2つで8割を占めて、残り20%がその他の区分になるくらい。なにかしら、マークが入っていないと服は市民権を得ないのではないかと考えてしまうほどでした。カジノを見に行ってもそう。皆にマークがついている。

マークといえば、標識や公共の注意書きなどに、ポルトガル語と中国語が併記されています。歴史的な背景は分かりますが、ポルトガル語を読める人がどれほどいるのだろうかとちょっと不思議な気持ちになります。言語については、話せませんが、広東語圏なんですね。北京語よりは音になじみがあって、少し落ち着く感じでした。

こうして外に出ると、あらためて東南アジアのホスピタリティーは高いなと実感します。昔はいつも、「日本のホスピテリティーは素晴らしい」とマレーシアを比較していたのですが、最近はあまりそう思わなくなりました。GDP の15%を占める観光産業ですから、マレーシアのレベルもきっと上がっているんですね。

そのマレーシア、シンガポール、そして日本と比較すると、とにかくマカオでは、たばこを吸っている人が多い。インドネシアでもそう感じるのですが、まだまだスモーカーが広い範囲で市民権を主張できているようです。

最後に・・・。サービスでやっていただいているのだろうけど、ベッドメイキングのたびにエアコンを最強風の16度にしていくのだけはできれば勘弁していただきたい。


SANDS に停まっているロールスロイス。やはり、カジノによく似合う・・

 

米国除くTPP、年内に発効へ

報道によると、アジアからは日本、ベトナム、マレーシア、シンガポール、ブルネイが参加する環太平洋連携協定(TPP)が12月30日に発効すると、茂木経済再生担当相が発表したようです。

アメリカの離脱宣言を受け、日本主導によって取り組みが進められただけに、今後さらに多くの国が参加して自由貿易圏が大きく広がることに期待がかかります。

個性的なアメリカの声で、保護主義の突風が吹いている印象も受けますが、市場が縮小する国にとっては、今後の航海を後押しする大きな追い風になるのではないかと思います。

ジェトロのホームページには詳しい航海図が掲載されています。以前には、エキスパート海外情報調査という形で、TPP 発効後の日本の小売業の展望を57ページのリポートにまとめました。

マーケット調査、パートナー選び、出店・マーケティング戦略など、YRCG は日本のサービス業が進むべき道の良きパートナー、案内人を自負しています。

この機会にお気軽にお問い合わせください。

電気自動車への野心

マレーシアの国民車構想は、三菱自動車の技術供与ではじまった第一期から、ダイハツが製造部門を子会社化した第2期を経て、マハティール首相の復権で第三期がはじまろうとしています。

この第3国民車メーカーは、電気自動車(EV)が基軸となる見通しなのですが、さすがに首相支持者の間からも「テスラの量産化への苦悩」や「トヨタの社長ですら数年前の時点で、EV への対応の遅れを認めた」などを引用しながら、懐疑的な声が多く聞こえているようです。

そんな中、ダイソンがシンガポールに EV の製造工場を建設する計画を発表しました。ベトナムでは来年にも、コングロマリットのビングループが13万ドル(約145万円)の価格帯で EV を発売する見通しだそうです。

国策としてハイテク企業を誘致して技術革新で世界をリードしたいシンガポールの思惑と、自国市場から東南アジアのマーケットに乗り出したいベトナムの戦略は、マレーシアが描きたい絵とも一致するものと思われます。

今はバイクが圧倒的に多いベトナムでは経済成長に合わせ、中国のように政府方針で一気に EV 化が加速するかもしれません。資金力のあるビングループは、ドイツのエンジニアリング会社 EDAG と提携しています。

当然、世界のトップメーカーも市場参入の機会を伺っているはずです。

さて10年後、アジア各地を旅するとき、私たちはどの国の車両を使ったタクシーに乗っているのでしょう。ダイソンなら、飛んでいる方がイメージにあっているかな・・・。

YRCG マレーシアオフィス
石橋正樹

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy