山中コンサルティングオフィス

ありがとう2018年

ありがとう2018年

さて、季節感のないマレーシアでも年は暮れようとしています。なんとなく、過ぎた時間を振り返ってみたくなるものですね。

あれは、20代の後半だったと思います。職場の先輩に、まとまった休みをとれる時期になると決まって旅行を計画する方がいらっしゃいました。

当時は不思議でしょうがなかったので、素直に質問をぶつけました。すると、「石橋くんはまだ、日常の仕事で息がつまるような思いをしていないから分からない」と言われました。

仕事もプライベートも、プランに入っていないことにこそ刺激を感じていたのが、あの頃だったような気がします。非日常を求めていたというか、一方で、自分はこんなもんじゃないとか、ここが最終的な居場所ではないのだと、何かを探していたような気もします。

最近になって、ようやく「日常で息がつまるような思い」の意味が良く分かるようになりました。

来年から40代の後半にさしかかろうという今、ルーティンから離れることがかなり億劫で、曜日ごとに朝起きてからベッドに入るまでの内容を事細かくインプットして生活しています。

プラン通りの生活を終えると、週末にちょっとした達成感を得る。計画を立て、目の前にあることをこなし、それを積み上げていく。この繰り返し。たしかに、たまに息はつまります。でも、もう非日常の連続を睡眠時間を削ってでもリセットし続ける気力も、体力も、そして、そこにあった刺激もなくなってきているのかもしれません。

20代の石橋くんには、きっと退屈だと映る日々ですが、ルーティンも継続していれば、何かしらの成果が出るもんだと実感できる1年でした。

もしかしたら、尾崎豊の歌詞に陶酔していたころ、毛嫌いしていた大人の姿と重なるのかな。でも、刺激がないことや日常を重ねることに不安を覚えなくて良くなったのは、この歳の収穫なのかもしれません。これが、きっと人生の転換期なのでしょう。

大切なのは好奇心と向上心。20代から口にしている言葉をこれからも発信し続けます。

皆さんの2019年が素晴らしい年になりますように!




About the author...

通信社勤務を経て、2004年にマレーシアでビューティー事業会社設立。アジア各国メディアとの人脈と起業経験を生かし、商業施設リサーチ、ビジネスマッチング、販促マーケティングでコンサルティングを行う。美容室 76 STYLE を経営するほか、美眉 & 美まつ毛専門サロン3店舗、飲食業4店舗のアジア出店を支援、実現した。また、日本企業のフランチャイズ展開を香港、マカオ、東南アジアで現地企業との間でまとめた。

View all posts by Masaki ishibashi

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy