山中コンサルティングオフィス

AFWT レビュー4 東京を担う者たち

AFWT レビュー4 東京を担う者たち

今回は、「AT TOKYO」の大物デザイナー、認知度の高い商業系ブランドによって、大きな盛り上がりを見せました。しかし、常連の海外進出や、ショーから展示会への変更など、中堅不在という感じでもありました。東京のファッションウィークらしいプレイヤーが減り、将来的に不安が残ったとも言えます。
<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/hyke>HYKE(ハイク)、<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/matohu>matohu(まとふ)、<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/mikiosakabe>MIKIOSAKABE(ミキオサカべ)、<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/gvgv>G.V.G.V(ジーヴィージーヴィー)と同等、もしくはこれらに次ぐクラスのブランドが欲しいところです。

そこで、将来中堅に伸びそうなデザイナーたちに期待が集まります。若者の合同ショー「東京ニューエイジ」出身の<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/akikoaoki>AKIKOAOKI(アキコ アオキ)、<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/ryotamurakami>RYOTAMURAKAMI(リョウタ ムラカミ)や、<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/yoheiohno>YOHEI OHNO (ヨウヘイオオノ)、<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/5knot>5 Knot(ファイブ ノット)、<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/murral>MURRAL(ミューラル)、そして今回初参加である<リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/enhance>ENHANCE(エンハンス)らのショーが高い評価を得ました。彼らは、まだセレクトショップへの卸という小規模のブランドですが、これらがショップを持てるぐらいの力を持てるようになると、東京ファッションウィークに厚みが出てくると思います。

ファッションキャピタルの条件としては、その都市を表すファッションがあるかというのが重要なポイントです。東京はこれまで、アヴァンギャルド、裏原系ストリート、原宿系POP、渋谷ギャルなど様々なファッションを生んできました。それらは、ストリートから生まれたものが多いのですが、東京がアジアのファッションキャピタルとしてあり続けるためには、海外に進出した大物デザイナーを下支えする東京モードのデザイナーたちも必要であるの感じる次第です。

<中>{X01HXzU3MDUlsA.jpg 幅:100% リンク:ON}
(RYOTA MURAKAMI)

Via <リンク:http://apparelweb-collection.tumblr.com/tagged/afwt18ss>Collection by Apparel-web
Photo by KoTsuchiya

★SNSでも情報を発信しています!
<リンク:https://www.facebook.com/yamanakaconsulting>https://www.facebook.com/yamanakaconsulting
<リンク:https://twitter.com/takeru_yamanaka>https://twitter.com/takeru_yamanaka

About the author...

View all posts by admin

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy