山中コンサルティングオフィス

【KLマーケット解説4】ミッドマーケットの主流業態はSPA

【KLマーケット解説4】ミッドマーケットの主流業態はSPA

マレーシアの百貨店や高級モールに軒を連ねる欧米ブランドショップの多くは、ブランド商と呼ばれるプレイヤーがフランチャイズ的に展開しています。そのため、個人店を除いて日本のようなセレクトショップチェーンは少なく、ローカルのアパレルメーカーやバッグ・靴メーカーもありますが外資勢に押され気味です。

また、マレーシアのファッションの主戦場であるモールでは、SPA(製造小売業)業態が中心で、かつては香港のSPA企業が席捲していましたが、今はグローバルなSPA企業の進出により影が薄くなっています。

◆ブランド商

マレーシアでは、クラブ21、ウィンタイ、FJベンジャミン、ロイヤルスポーティングハウスなどのシンガポールや香港を本国とする企業がメジャーです。

かつてはラグジュアリーブランドやイギリスの中級ブランドが主でしたが、ウィンタイ(ユニクロ、トップショップ、香港it)、ロイヤルスポーティングハウス(ザラ、ボッシーニ)、FJベンジャミン(ギャップ)のようにSPAやセレクトショップの現地展開も手がけるようになり、ブランド商の存在感はますます増しています。日本ブランドは、三越伊勢丹と提携し日本法人を設立しているクラブ21での取り扱いがほとんどとなっています。


(写真 ウィンタイが手がけるユニクロ)

◆ローカルメーカー

バッグブランドのボニア(マレーシア)、ライフスタイル提案のブリティッシュインディア(マレーシア)などがメジャーです。百貨店の平場で展開してきたアパレルやファッションメーカーは、モールにあるグローバルなプレイヤーに押され気味ですが、服飾雑貨などではまだ存在感を示しています。また、一部ではオリジナルブランドを開発し、モールでの出店を増やしているプレイヤーも存在しています。


(写真 中高級モールや百貨店には必ず出店しているボニア)

◆SPA
H&M(スウェーデン)、ジョルダーノ(香港)は現地法人で出店しており、パディーニ(マレーシア)はローカルSPA企業です。
モールに出店しているほとんどのファッション業態はSPAであり、大きくグローバル、香港、ローカルのプレイヤーに分けられますが、グローバル系の人気が圧倒的です。一方で、ローカルのパディーニは主力業態パディーニの他、カジュアル業態シード、シューズ業態VINCCIなどの業態ミックスで店舗展開を広げています。


(写真 マレーシア随一のローカルSPAパディーニ)

About the author...

大手百貨店、外資系ブランドメーカー、大手経営コンサルタント会社を経て、コンサルタントとして独立。ファッションビジネスを中心に、雑貨などのライフスタイル、百貨店、SCなど、幅広い業態に対しマーケティングやMD、リテール、海外進出のコンサルティングを手掛ける。グローバルコンサルティングの領域では、欧米、アジアのマーケット調査、アジア現地企業へのコンサルティング、日本企業の海外進出支援などを行っている。

View all posts by Yamanaka Takeru

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy