山中コンサルティングオフィス

PAN999 ヘルシー&スローは鍋から

PAN999 ヘルシー&スローは鍋から

8月27日に行われたサン・ロレンツォ社のPAN999のプレゼンテーションに行ってまいりました。サン・ロレンツォ社は、1970年にミラノで創業した銀製品メーカー。ミラノにショップを設け、さまざまな芸術作品や宗教儀式用製品を発表してきました。1995年と1996年にはロンドンのヴィクトリア&アルバートミュージアムで展覧会を開くなど、デザイン性の高い物作りで注目されています。

そのサン・ロレンツォが、純銀の鍋PAN999を発表しました。純銀の鍋というのは、私たちの身体に大変なメリットをもたらすそうです。このことを知ったのは、今年6月のミラノメンズウィーク。尊敬する現地在住のジャーナリストの方から教えていただきました。その方は、サン・ロレンツォ社を長くサポートされた方で、日本でイベントを行うことを教えて下さいました。以下、その方の紹介文です。

—————————————————————————-
人々が食材にこだわり始めて日が経ちますが、それらを調理する道具についての理解はまだ不足しているとおもわれます。銀の調理具を使うことによって、鍋の表面から食材の酸化による金属ガスが食べ物に入り込むのを避け、細菌を寄せ付けず、健康な食べ物を作り上げることが出来る、という意味で、銀の鍋は大変に有用です。重要なレストランはすでに銀の鍋で調理をしていますが、一般の人々にはこの情報が行き渡っていないと思います。

昨年の万博のテーマがFOODであったことは、ご存じかと思います。その効果もあって、人々は食材そのものにおおいに関心と注意を向けるようになりました。

しかしながら、それらの選り優れた食材を使いつつ、調理器材は昔ながらの、アルミ鍋やステンレス鍋。あるいはテフロン加工の鍋。金属の性質を知らされることなく、市場に出回っている道具をそのまま使用しているというのが現状です。
純銀の鍋は、健康第一に考えられた鍋です。純銀は、高い抗菌性を持ち、食物の酸化がもたらす各種の悪性物質(これらが体内に蓄積されるとガンになります)を抑え、食物の発酵を助ける、しかも熱のまわりが早い。といった特性をもっています。
ミラノ工科大学の金属科学の世界的権威と組んで発明した数種類の特許を入れ込み、トビアスカルパによってデザインされた純銀の鍋は、最良の品質を保つ食材の調理になくてはならない道具なのです。

その上、純銀の鍋で調理した食材は、火が均等に回るために、その味はこれまでの調理器具による結果とは大きく異なっています。

素晴らしく美味しいのみならず、各素材の味が保たれ、煮崩れもなく、食材が一種の発酵作用を起こし、それが体内を回るために、食べた直後は、ワインを少量飲んだ後のような感覚を覚えます。

ともかく、同じ素材で調理しても、アルミやステンレス鍋ですと、冷蔵庫の外に放置した場合、2日後には、思わしくない状態に変わりますが、純銀の鍋で調理したものは4日目になっても変化が見られません。驚くほどの抗菌作用です。

—————————————————————————-

この紹介文を読んで俄然興味が出て、プレゼンテーションに行った次第です。プレゼンテーション会場は、九段下のイタリア文化会館。会場を入ると、銀の鍋のインスタレーションが目に入ります。このような製品だと、どうしても薀蓄(うんちく)型の展示型になりますが、とてもスタイリッシュ。ミラノで長く注目されるメーカーらしいインスタレーションです。

この鍋は、内側が銀で外側が鉄です。ミュランの星つきレストランや余裕のあるオーガニックレストランではすべて純銀の鍋を使っていますが、それだと100万円近くの値に。そこを銀と鉄を電着法(サンロレンツォ社の特許)で合体させ、手頃な価格と機能性(コンロ、オーブン、食洗き洗剤使用可能)を実現させました。

プレゼテーションの他に、お手前や純銀の鍋でこさえたフォンデュなどが振舞われました。

オーガニックの食材を使っても、調理器具に問題があっては、効果を得られない・・・。このことはとても衝撃的ですが、総純銀の鍋は手に入らない。PAN999はまだ日本では販売していませんが、ミラノのサンロレンツォ社から取り寄せることは可能だそうです。イタリアでの販売価格は、コップは230ユーロから、鍋は389ユーロから902ユーロだそうです。

同商品の問い合わせ先:サン・ロレンツォ社
Via Paul Cézanne 3 20143 ミラノ イタリア
www.pan999sanlorenzo.it

—————————————————————————-

本記事の情報は2016年8月27日現在のものです。

恐れ入りますが「山中コンサルティングオフィス」では同商品の問い合わせは致しかねます。上記URLから直接「サン・ロレンツォ」社へお問い合わせください。

—————————————————————————-

About the author...

View all posts by admin

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy