山中コンサルティングオフィス

コンセプトストア的アプローチ アトレ恵比寿西館

コンセプトストア的アプローチ アトレ恵比寿西館

3月15日にオープンしたアトレ恵比寿西館。ものすごい行列の「シェイクシャック」、今やメジャーブランドとなった「猿田彦珈琲」、台湾の人気店「鼎泰豊」、屋上庭園とシームレスに設置されたレストラン「シロノニワ」など、魅力的なレストランやカフェが集結しているため飲食ビルのようにも思えます。

しかし、私が注目したのは、同館がコンセプトストア的アプローチをしている点です。2Fはマッシュスタイルラボが、3Fはジュングループがフロアプロデュースをしています。

2Fをプロデュースするマッシュスタイルラボは、スナイデルやジェラートピケなどで知られる人気のアパレル企業。他業種から参入した会社だけに、新たな視点がいつも話題を呼んでいます。今回の同フロアには、同社のミラノオーウェン、エミーの派生業態「W&E」の他、グループ会社のオーガニックコスメ「コスメキッチン」とその派生新業態であるカフェ「コスメキッチン アダプテーション」、ジェラートピケのクレープリー「ジェラート ピケ カフェ クレープリー」、同グループが手がけるニュージーランドのホームケアブランド「エコショップ」など、同社グループ関連の店で食・装・美容関連を編集しています。

3Fは、コラボレショーンで業界に新風を送り込んでいるジュングループが手がけています。アパレルは、駅ビルなどで多く展開している「ロペピクニック」や「VIS」でなく、長い間ジュングループを支えてきた百貨店ブランド「ロペ」と、同グループのセレクトショップ業態の祖「アダム・エ・ロペ」を投入。アダルト層狙いをうかがわせます。これに、キオスク風雑貨業態「アダム・エ・ロペ ル・マガザン」、ロータスやモントークカフェを手がけた山本宇一氏がプロデュースしたビストロカフェ「サントロペ」などを加え、欧州の街の賑わいを思わせるようなライフスタイルを提案しています。

アパレルテナントの不振と代替テナントが見つからないジレンマ。それを、さまざまな業種に拡大しているファッション企業とパートナーシップを組んでテナントミックスしたという点は新しいと思います。

次は、グループ会社の業態でなく、出店余力のない中小企業とコラボしながらの、フロアプロデュース事例などの登場を期待したいところです。

<中>{SU1HXzk5MTkgKDIpvQs.PNG}

★フェイスブックでも情報発信中です
<リンク:https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/>https://www.facebook.com/yamanakaconsulting/

About the author...

View all posts by admin

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy