山中コンサルティングオフィス

ファッションの価値観も二極化へ

ファッションの価値観も二極化へ

国内外のリサーチやコンサルティングをしていて感じるのは、ファッションの価値観が二極化していっていること。ファッションという言葉で一括りにされていますが、それが長期的に2つに分かれていくように思います。

現段階では、商品に込められた価値観であって、日本消費者にはまだ共有されていないように思いますが、少しずつ広がっているように思います。

1つは文化としてのファッション。文化を継承、そして新たな文化をつくりあげるものです。アルチザンの技を継承したり、新たなアーティストの能力を活かしたり、また若者風俗をサブカルチャーとして発信したり、、、。このゾーンについていくには勉強が必要です。その成り立ち、テクニック、トレンドなどを理解しなければなりません。そのため、ついていけるのは一部の層で、憧れる世界ではありますが、ある意味閉鎖された世界。

そして、もう1つは実用品としてのファッション。ライフスタイルの脇役です。しかし、これらの価値観を持つ商品も、どんどんファッションとしての感度は高くなっていき、「おしゃれっぽい実用品」です。

ヨーロッパでは、この分化が明確となっています。日本は、実用品が「おしゃれっぽい」ので、その境目が曖昧なのでしょう。一方、アジアでは、これらが混ぜこぜです。おしゃれっぽい実用品でしかない商品も、「デザイナー」として持て囃されたりしています。

日本は、ヨーロッパのように境目が明確になっていくのではないでしょうか。そして、実用品としてマーケットがどんどん拡大していきます。そして、そこのマーケットはレッドオーシャン。トレンドをクィックに見つけ、ニッチをビジネスに変えていく、というスキルがどんどん進んでいき、それこそ生き馬の目を抜く世界です。

一方、文化としてのファッションも、マーケット規模がシュリンクしてきます。ただ、そこに生き残れば、ブルーオーシャンに進むことができるかもしれません。

どちらが、良いというわけでなく、それぞれの立ち位置を見極め、切磋琢磨していくことが必要だと感じる次第です。そして、それぞれがそれぞれをリスペクトすることが大事かと。

コレクションを取材し、商業へもコンサルティングをしている身としては痛切に感じる次第です。

<中>{RTA4QjZEODUtNjc0Ri00RDJFLTk5NkYtNzZGMUUxMjhBQTZDFas.JPG 幅:80% リンク:ON}

新たなカルチャーを発信しつづけるロンドンコレクションメンズ

★東京でのコンサルティングやリサーチ、取材で感じたことはこちらでも綴っています

<リンク:https://www.facebook.com/yamanakaconsulting>https://www.facebook.com/yamanakaconsulting

About the author...

View all posts by admin

© 2015 Yamanaka Consulting Office

お問い合わせ

山中コンサルティングオフィス
〒107-0052
東京都港区赤坂2-16-6 1F
tel: 03-5404-3771
email:
contact@yamanaka-consulting.com

Privacy Policy

Read about our privacy policy